ながら脚やせダイエットをシェア!

高いお金を払って通うエステはもう嫌!
そんなあなたにぴったりの、『ながら脚やせダイエット』を紹介したいと思います!その名の通り、なにかを『しながら』のダイエットです。私も実際今も、この文章を書きながら実践しています。

ながら脚やせダイエットはとても簡単です。たとえばあなたが今椅子に座ってこの文章を読んでるとします。座る位置を前にし、浅く椅子に腰掛けます。姿勢を良くし、手は太ももの上でかまいません♪呼吸をゆっくりしながら、腹筋を意識します。腹筋の意識の仕方がわからない方は、太ももの上ではなくお腹を多てみるのもアリです。これで座りながらのゆっくりとした呼吸と腹筋を意識することで代謝を上げることができます。

姿勢を良くしたことで少し足が開き気味になると思うのですがここで、脚やせポイント!
この時力を抜いてしまうのではなく、足の内腿に力を入れてキュッと膝同士をくっつけます。ただくっつけるだけでなく、近くに紙やペンがある方はそれが落ちないように、膝の間に挟んでみてください。だいたいその感覚がわかったらペンや紙をとり、今度は両膝を内側に力を加えてみてください。痛くない程度にしてくださいね^^
そうすると内腿に力が入り太ももの引き締めに効果があります。

好きな本や、パソコンを見ながら、ゆっくり呼吸をしながら腹筋にも力は入り、太もも痩せにも効果アリのながらダイエット、ぜひお試しください!

◆ママでもできる!サンダルと靴下の組み合わせで足やせ

小さい子供のいるママはどうしてもペタンコ靴を履かなくてはいけない場合が多いですよね。でもスニーカーだと靴の着脱が大変だから、やっぱりスリッポン式のサンダルを愛用する機会が増えます。でもペディキュアがちゃんと手入れされていないと、ヌードトゥのサンダルも履きにくいと思いがち。でも今年はビリケン風のサンダルに靴下をはいてしまえばいいんです!靴下をはくことで冷えが予防され、足のむくみも減ります。また靴下とサンダル底のちょっとしたフィット感は足首のマッサージ効果もあって、素足そのままよりも足が細くなるんです。夜、寝るときにその違いを実感できますよ。また足ってかなり汗をかくんです。そんなときも靴下をはいていればサンダルが匂うこともありませんし、日中に履き替えもできます。靴下だと自転車にのるときも安全。ちょっとぶつけたりしてくるぶしのあたりに傷ができてしまうことありませんか??そんな傷はなかなか治りにくくて跡にもなりますよね、靴下だとけがも防止できるし足がきれいな状態で保てます。サンダルと靴下の組み合わせはカジュアルスタイルのママには冷えを防止しして足が細くなるだけではなく、清潔できれいに保つためにもぜひおすすめです。

◆足痩せのために私が日々取り組んでいること

足痩せするために私が日々行っている事について書き出してみたいと思います。
1つ目は足上げ運動です。もも上げ運動と似たような感じなのですが、平日は食後にこれを30分程度、休日で時間のあるときであれば45分1セットを3回程しています。テレビを見ながらでも出来るので、あっという間に時間が経ってしまいます。やりすぎると足裏が痛くなるので注意してください。夏場はこれをするだけで汗がだらだら出てきて、脂肪が燃えている事が実感できます。
2つ目はマッサージです。入浴後の体がまだ温かいうちにマッサージを始めます。始めは足首、次にふくらはぎ、最後に太ももと下から上に向かって行くようにします。全体的にマッサージが終わったら、足の内側の付け根を押すようにマッサージし、溜まったリンパを流して上げたら完了です。マッサージが終わったら足がすっきりし、軽くなった事が分かると思います。
3つ目は就寝時にメディキュット等の着圧スパッツを履く事です。これは本当に効果があり、今まで何着も購入しました。これがなければ足の下に枕などを挟み、高くして寝るのも同じ効果があります。重力の関係でどうしても1日の終わりには足がむくんでしまうので、下に溜まった物を上に流す意味でも試してみて欲しいと思います。
足痩せは1日で解決することではなく、上記の方法と合わせて適度な運動を行ったり、日々コツコツ取り組む事が大事だと思います。

◆ストレッチで太ももも腹筋も鍛えられる方法

下っ腹と、特に太ももが気になり始めてショートパンツがぱっつんぱっつんだったので、これは痩せなきゃ!と思いダイエットスタートしました。旦那もダイエット経験があり、仰向けになって足を20度くらいで止めて60秒4セットを毎日続けています。するとムーミンみたいだった下っ腹がへこみ始めて太もももくっつかなくなりました。夜もご飯食べた後に30分歩いたり、昔流行ったコントレックスを飲んだり、昼はヘルシーな物を食べるようにしています。
みちょぱみたいに毎日腹筋300回は到底無理ですが、20度足上げは少しきついですが、60秒なので耐えられます。太ももは最後に痩せるので食事制限が覿面ですが、リバウンドをかならずします。なので、お腹が空いたらヨーグルト食べたり、納豆食べたりとしています。
思いついたら足上げしてますね。
体重もちびちび痩せ始めています。
体重を気にする方多いですが、問題は見た目です。と美容矯正の先生が仰っていました。
なので毎日体重測ってますが、足上げと半身浴とコントレックスで見た目を細くしたいです。
年齢を重ねる毎に下半身が太りやすくなるので代謝を上げる為にコチュジャンとか料理に加えています。太もも早く細くなりたい!

◆寝ている間に脚やせできる着圧ソックス

ずっと立ちっぱなしを仕事をしていた時、仕事を終えた私の足はいつもパンパンでした。足の太さは、朝と夜とでは全く違っていました。むくみなのか、重力のせいなのか、何が原因なのかは分かりませんが、原因がはっきりしなくても、私はある物を使って、立ちっぱなしによる足の太さを解消することができました。
それは、着圧ソックスです。着圧ソックスをつけて寝るだけで、足の太さが断然違います。パンパンだった足が、翌朝にはスッキリした感じがありました。それは見た目だけでなく、重さとしても感じられました。ベッドから起き上がり歩いてみると、足取りが軽く感じられます。
着圧ソックスによる効果をさらに高めるために私がしていたことは、足を体幹よりも少し上げて寝ることとです。そうすることで、足の水分が重力によって体幹の方へ移動するのではないかと考えて、始めました。足を少しだけ上げて寝ることが、寝相が悪い私には起床するまで持続していない時もありました。でも、実感としてはより効果が高まったように感じています。
この方法は、意識的な努力なしに効果が得られます。寝ている間に、着圧ソックスが効果を発揮してくれるため、日中にはいつも通りに過ごせばよいだけです。着圧ソックスもそれほど効果な商品でもなく、1日で効果が分かります。脚やせを目指す人全ての人にぜひお勧めします。

◆疲労感なく、自宅で手軽にできる足痩せの方法

多くの女性にとって、細くて長いほっそりした足をもつモデルに憧れると思います。私も、その1人でした。でも、憧れていても、同じようにほっそりした足を手に入れることは簡単ではありません。
でも、私は実際に足を細くすることができました。その方法は、お金がかかりません。そして、日常的に手軽にできる方法です。それは、立っている時に爪先立ちでいるという方法です。足が細くなるまで、自宅で立っている時はずっと爪先立ちでした。例えば、料理をしたり、食器を洗っていたりキッチンにいる時は、ずっと爪先立ちでした。
爪先立ちのいいところは、あまり疲労感がないことです。瞬間的な爪先立ちは全く疲れることはないと思います。バランスをとれるように意識を集中すればいいだけです。ただ、このバランスをとるということが、個人的には足を細くするためにとても効果的であるように思っています。なぜなら、バランスを取るためには少なからず足の筋肉を使っているからです。
爪先立ちで体のバランスを完璧に取ることができる見本が、バレエダンサーだと思います。私はバレエダンサーの引き締まった体に憧れていました。引き締まっているのは、足も含まれます。バレエダンサーのような足に憧れたのが、爪先立ちという方法を始めたきっかけでした。そのおかげで、バレエダンサーのような細さではありませんが、以前に比べて細い足を手に入れることができました。